FC2ブログ
【都市伝説】歩行者専用の道路標識 初めて聞いたうわさ話:都市伝説まとめ
都市伝説 ホーム > うわさ話 > 【都市伝説】歩行者専用の道路標識 初めて聞いたうわさ話
オススメサイト
スポンサードリンク Powered By 画RSS

【都市伝説】歩行者専用の道路標識 初めて聞いたうわさ話



歩行者専用の道路標識をご存知でしょうか?大人の人が子供と手をつないでいる絵が書いてある標識です。
この標識の絵に関してある都市伝説があります。この絵の大人は実は誘拐犯で、そして子供は誘拐されていく少女だったと言うものです。

昭和30年代に道路標識の図案が一般公募されました。
全国からたくさんの図案が応募されましたが、その中から選ばれたのが、この標識の図案です。

図案を考えたのは一人のカメラマン。

そのカメラマンは図案公募の話を聞き、街中によい被写体はないか探している途中の公園で、父と娘が手をつないで散歩しているのを見つけます。

これだ!と思ったカメラマンは、こっそりその親子の写真を撮り、それを基にイラストを描き応募しました。

数日後、誘拐事件の報道があり、それを見たカメラマンは驚きました。そこに写っている誘拐された子供の顔に見覚えがあったからです。そう、公園で見かけたあの少女でした。事件発生日は撮影したあの日。父親だと思っていた男は、実は誘拐犯だったのです。

カメラマンが撮った写真を元に警察が捜査し、犯人逮捕、少女も無事救助されました。


スポンサードリンク
2018/08/07 00:00 | うわさ話 | CM(1)
関連記事
まじかーーーー怖っ
[ 2018/08/07 06:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する